忍者ブログ
音楽とかmacとか日々雑感とか
 824 |  823 |  822 |  821 |  820 |  819 |  818 |  817 |  816 |  815 |  814 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

平泉(岩手)を舞台に,竜王戦の第3局が始まりました.先手が渡辺竜王で後手に羽生名人.そして立会人には《矢倉党の神々》のひとり森下卓ボン九段が控えます.手厚い.


ネット中継を見ましたら,<後手一手損角換わり>に先手が早繰り銀で突っ込むという,この頃よく見かける形になったようでした.しかし1日目終了時点で既に終盤の入口に差し掛かっている模様.竜王戦のような持ち時間の長い対局では,かなり珍しいことだと思います.
途中まではまるで指定局面戦のようにすらすら進んだようですし,両者ともそろそろこの<早繰り銀速攻>の可否に,何らかの結論を出したいということなのでしょうか.


ところで平泉といえば奥州藤原氏ゆかりの地だと思うのですけれど,各地には<郷土のヒーロー>というのが存在するようです.例えば僕の生まれた名古屋では,織田信長や豊臣秀吉の逸話を小さな頃から聞かされていたような気がしますし,相方が以前住んでいた伊豆のほうでは,源頼朝にまつわる話がたくさん残っていたようでした.

相方の友達のひとりに,高校生くらいまで自分を北条政子の生まれ変わりだと信じていた女の子がいたそうですけれど,それもそうしたローカルな教育の影響なのでしょう.彼女は《尼将軍》北条政子について異様なまでの知識量を誇っていたそうです.そしてそのことが彼女の確信を支えていたのです.

残念なことに,平穏は長く続きませんでした.ある日,彼女のクラスにひとりの転校生がやってきます.二人はどこか惹かれ合うものがあってすぐに仲よくなりましたが,やがて大変なことがわかりました.その女の子もまた,自らが北条政子の生まれ変わりであると告げたのです.ありうべきことか,政子が二人になってしまったのです.

すぐにどちらが本当の北条政子なのか,雌雄を決するガチンコクイズ対決が行われた...かどうかは,残念ながら明らかになっておりません.しかしながらいずれにせよ,平泉にもそうした歴史には決して書かれないドラマがあったかもしれないと,僕は遠い奥州の地に思いを馳せてしまうのです.
PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/28 三月ウサギ]
[10/27 56]
[10/24 三月ウサギ]
[10/23 evnc_chck]
[10/19 三月ウサギ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三月ウサギ
性別:
男性
趣味:
クラシック音楽
自己紹介:
制作環境はMacBook ProとLogic.

ちなみに居飛車党です
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©  ラパン・ブラン  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]