忍者ブログ
音楽とかmacとか日々雑感とか
 833 |  832 |  831 |  830 |  829 |  828 |  827 |  826 |  825 |  824 |  823 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はイタリアの作曲家セルシ(Giacinto Scelsi)の
Uaxuctumより,第1曲をお届けします.

難解だと言われる現代クラシック音楽も
ここまで来るとかえって聞きやすいと思うんですけど
いかがでしょうか.

美醜とか善悪とか,ぜーんぶ脇に置いておいて,
あまりむずかしいこと考えず裸んぼうの心で,
ぼーっと,ただぼーっと聴いているのがよいと思います.

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ぼーっと聴きました(笑
今日はお仕事お休みだったんで、昼過ぎに起きて
ふらふら~とネット見てました。

言われるままご紹介曲を聴いたんですけど、僕が思ってた「クラシック」というジャンルとちょっと違ってて、
「へぇ~、こういうのもアリなんやなぁ~」とまたぼ~・・・っと聴いてました(まだ頭寝てますね;)

なんとなく「危うい事件が起きる前ぶれ」みたいな感じがして、ちと「恐怖」を覚えました(こっちビビリですから(笑)

たぶん無茶苦茶こちらの錯覚なんですが(汗;、こういう雰囲気なら僕も「クラシック」っぽい曲書けそうな気がしてきました(たぶん突発的錯覚ですが・・・)
こういう「ダークな中の神秘性」な空気好きです。あと低音の豊かな厚みも自分で出してみたい曲でした(;0;)v

ちなみにこの「オーケストラ」の楽器編成って、どんなものなのでしょうか?
「ASP」影清 2008/11/26(Wed)14:53:19 編集
せるしせるし
>かげーきょさん
まさかセルシにコメントつくとわ(笑).ありがたいです.

そういえば影清さんの好きそうな曲ですね.クラシックというと,人によってバロック期(バッハさんとか)や古典期〜ドイツロマン派(ベートーベンさんとか)の曲を思い出すと思うのですけど,「現代音楽」は確かにそういうのと毛色がぜんぜん違いますよね(笑).

僕はこの曲を聴くと,「あー癒されるわぁ」と思ったり「ぐえー吐き気がするー」と思ったり,その時によって印象が違ったりします.案外その時の自分をうつす<鏡>なのかも(笑).


編成は,オケ+合唱に加え,4人のソリスト歌手,オンド・マルトノ(特殊な電子楽器),ビブラフォン,ティンパニ,そして7つのパーカッション(200リッター缶,アルミの大きな半球体,2mの鉄板,etc.)だそうです.
三月ウサギ URL 2008/11/26(Wed)16:57:54 編集
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/28 三月ウサギ]
[10/27 56]
[10/24 三月ウサギ]
[10/23 evnc_chck]
[10/19 三月ウサギ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三月ウサギ
性別:
男性
趣味:
クラシック音楽
自己紹介:
制作環境はMacBook ProとLogic.

ちなみに居飛車党です
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright ©  ラパン・ブラン  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]